インターネット上だけで会社を調べるコツ

転職活動をしていると、

「この会社ちょっと興味があるんだけど、
 どんなだろう?」


とか、


「書類選考に通った!
 面接行く前に準備に会社のこと調べなきゃ」


など、





ある会社のことを調べる。






ということがあるのではないかと思います。

では、そんなとき、インターネット上だけで、
会社の情報を調べるにはどうしたらいいのか?

そのコツをお教えします。



1:会社の概況をつかむ

 あたりまえですが、会社のホームページが
 一番の情報源になります。

 ここでは、事業領域、創業年度、売上高、
 従業員数、資本金など定量的な情報をつかみます。

 ひとつポイントは業界内でのポジション。
 その会社が業界大手なのか、ベンチャーなのか?
 どんな特徴をもった会社なのか?
 それを調べましょう。

 もし知識としてそれが無い場合には、
 競合を探すこと。取扱商品の商品名などで、
 検索をかけると大抵の場合、業界大手が
 上位にあがってきます。
 それと比較するのが簡単です。

 ※事業領域などをみていて、知らない単語などが
  ある場合には、必ず調べてください。



2:会社のステージを知る

 次に見るのが会社の沿革。

 すべての会社、商品、市場には黎明期⇒成長期⇒
 成熟期⇒衰退期というライフサイクルがあります。
 
 会社の沿革にのっている情報というのは、
 そのライフサイクルの節目節目になっているポイント。

 それをみながら、会社がこれまでどんな成長の
 ステージを歩んできたのか、いまどんなステージ
 なのか、これからどうしていきたいのか?、
 それをイメージしてみてください。

 ※会社のライフサイクルは必ずしも一方通行では
  ありません。新商品の開発、コンセプトの転換、
  事業領域の転換によって、成熟期⇒黎明期や
  衰退期⇒成長期となることもあります。

 ※イメージしてみても分からない点もあるはず。
  その点こそ、面接で質問すべきポイントです!!


3:会社の雰囲気をつかむ

 会社の雰囲気は社長によってつくられます。
 創業者の場合にはとくに顕著。

 創業者と波長があうメンバーが創業メンバーであり、
 その創業メンバーが選んだのが幹部陣であり、
 その幹部陣が採用したのが社員です。

 社長を中心に広がっている波紋のような
 ものですね。その波紋の中心にいる社長が
 どんな人で、どんな考え方をしているのか?
 それをつかむことが重要です。

 社長の略歴がホームページにある場合には、
 それはもちろんチェック。

 ただし、それだけではなく、社長の名前を
 検索することで過去のインタビュー記事や、
 詳しい経歴、ニュースリリースなどが思わぬ
 ものが見つかります。
 
 とくにインタビュー記事は、ホームページでは
 分からない考え方などが、より深く分かる場合も
 ありますので、お勧めです。



こうやって探すことで、インターネット上だけでも、
かなり密度の濃い情報が見つかります。

「訪問先には、企業のことを調べる」
営業の鉄則です。

転職もそれと同じです。
「面接前には、企業のことを調べる」

その10分、15分を使うことで、
グッと内定に近づくことができます。

セミナー予約



posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。