面接ノウハウ、基礎の基礎

転職者の方々にお会いをしていて、
「転職活動、なにが一番しんどいですか?」


かなり多くの方々が答えるのが、「面接」です。
でも、この面接、意外と簡単なんです。



先日、お会いをしたあるキャリアコンサルタントの方。

いまは一部上場の総合人材サービス企業に新卒で入社され、
その後も人材ビジネスの業界で事業立上げ、建て直しなどで
活躍をされていらっしゃる方です。


その方がおっしゃっていたこと。

「仕事で業績をあげるためには、ABCです。
 当たり前のこと、バカにしないで、ちゃんとやる」



そんなに「奇策」はありません。

当たり前のことを、いかに、当たり前にやるか。

面接でいえば、この当たり前、いろいろあります。



例えば、基本中の基本。


【自分が喋りすぎない】

でも、これができない方、多いです。
(決して、普段出来ていないわけではないです。
 緊張すると、できなくなってしまう・・・んですね)


緊張した状態で質問に答えようとすると、
“正確に伝えないといけない”“アピールしないといけない”
という強迫観念に駆られるんですね。

そして、その結果、喋りすぎてしまう。

例えば・・・

面接官の問い 「○○はしたことありますか?」

ここで、ありがちなミス。
「前職では、○○○○○○○○で、
 ○○○○○○○○○○だったので、
 ○○○○○○したいとは思っていたんですが、
 ○○○○○○○○でした」


面接官が知りたかったのは「Yes か No」です。

ここで適切な答え方は、

「○○したことがあります。
 おもに、職歴の○○の部分です」

「○○したことはありません。
 ただ、それに近い○○はしたことがあります。
 [ただ、ぜひチャレンジしたいと思っています]」



日本人の喋りは「起承転結」です。
でも、面接は英語の喋り;結論先行が基本です。
「this is ○○. because、○○」


では、喋りすぎると何がおきるか?

・面接官が飽きます
 (面接官が、「知りたかったこと」以外まで
  喋ってしまっているからです)


・この結果、「質問に答えられていない/理解できていない」と評価されます。
 (ロジカルでない、とか、論理的でない、
  地頭が・・・などという評価になります)


・会話のテンポが悪くなって、停滞します。
 (いわゆるキャッチボールが成り立たなくなります。
  コミュニケーション能力が低いと評価されます。)


基本的に面接で聞かれる質問は2パターンしかありません。


1つは「〜したことがありますか?」
この場合、回答は「Yes/No」です。


もう1つは、「〜はどうしましたか?/どう思いましたか?」
この場合、「こうしました/こう思いました」です。

結論先行で、要点のみ簡潔に話すこと。
それが基本の基本です。

セミナー予約



posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。