「なんでもできる営業マンはなんにもできない」

一昨日の投稿で、

自分を内観することと、客観視することで、
転職がうまくいきますよ。

という話を書きました。


じつはちょうど昨日、
私の上司もまったく同じニュアンスのことをいっていました。

うちの会社では3ヶ月に1回、事業部長からの
個別レビューを行っています。

そのレビューの感想。


>この1週間ほどで、全員のレビューをしました。
>すごく成長したと感じる人ともう少し努力が必要な人がいました。
>その差は何か?というと、レビューをしてみてよく分かりましたが、

>1. 出来る事と出来ない事を自分で理解している
>   (強みと弱みの把握)

>2.パフォーマンスを最大限に発揮するやりかたを知っている、
>    (= 自分でモチベーションのコントロールが出来る)

>という事のようです。
>以前、話をした事があるかと思いますが、
>「何でも出来る営業マンは、何にも出来ません」
>まさにこの通りです。


面接においても、そうですよね。

1・2がわかっている人は、あまり苦戦をしません。

「等身大の自分」が受け入れられればいいし、
べつに受け入れられないのであれば、
どのみちそこに入社してもうまくいかない。

それぐらいのスタンスで、面接に臨んでいます。

※この等身大の自分・・・たまに誤解をされますが、
準備しないとかということではありません!!

セミナー予約



posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。