「志望理由は?」への失敗例

ある方の失敗事例。

とても優秀で、書類を見ても、会話を交わしていても、
「この方ならば、とんとん拍子に進むだろうな」という方。

しかし、お話を伺うと最終面接で苦労をされ、
残念な結果になってしまったとのこと。

特に苦労したのが「志望理由は?」という質問だそう。


「どんな答えかたをされていたんですか?」


と伺ってみると、


「年収レンジが高いので」


という答えかたをされていたそう。


すごく損をされていますね・・・

志望動機などをよく伺ってみると、
なるほど、それも理由の一端になっています。

しかし、一番奥の部分ではありません。



何より、採用する側からみると、
やはり「年収だけ」が目的の方というのは採用しにくいもの。
(もちろん業界などによって差異はあります)

特に、会社への共感や仕事への倫理観を大切に
する会社では間違いなく不採用の原因となります。

また、それ以外のケースでも年収をいう場合には、
「○○をするために、稼ぎたい」という、
その先にある目標を示すのが一般的です。

※実際、さまざまな方にお話を伺っても、「年収」ではなく、
 「このために年収が必要」という理由をみなさんお持ちです。
 そこを説明していただければと思います。

セミナー予約



posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。