面接 基礎の基礎

やはり転職における最大のハードルは面接でしょうか。

私たちは転職支援の仕事をしていますし、
採用する側として面接をすることも多々あります。
が、それでも“面接”と聞くと、少しだけ緊張します。

恐らく一般の方であれば、“面接される”ことに対して、
私たち以上に緊張するのではないかと思います。

しかし、面接はあくまでも“自分のプレゼン”です。
数ある競合(候補者)の中から“あなた”を選ばないといけない理由を
堂々と語れるかどうかが勝負。


そのために次の2点がポイントです。


■表情で魅了する
 
 面接の要所要所で笑顔をつくること。
 それだけで面接の合否は変わってきます。
 
 やはり第一印象。
 面接官も人間ですので、第一印象がよければ
 “良さそうな方だな”という先入観が生まれます。

 そうすれば、“あばたもえくぼ”の例えどおり。
 多少の緊張も好印象に映ることすらあります。
 では、逆に先入観が悪いと・・・
 “重箱の隅をつつく”ような粗探しになってしまうことも。。。

 これだけでも印象が変わります。

 また、“メラビアンの法則”でもいわれるとおり、
 人が話している相手を判断する要素は表情が一番大きいもの。 

 表情と話が矛盾している場合、表情が優先されます。
 つまり暗い顔でポジティブな話をしても、相手の印象として
 残るのは暗い顔だけ・・・なんです。

 面接会場に入る前にはぜひ笑顔の練習をしてみてください。
 それだけで合否が変わるかもしれません。
 

■喋りすぎない

 面接において一番やりがちなミスが“喋りすぎ”です。
 緊張した状態で質問に答えようとすると、
 “正確に”伝えないといけないという強迫観念に駆られるんですね。
 そして、そのあまり面接官が聞いていない(興味がない)ことまで
 喋りすぎてしまう。

 基本的に面接で聞かれる質問は2パターンしかありません。

 1つは「〜したことがありますか?」
 この場合、回答は「Yes/No」です。

 もう1つは、「〜はどうしましたか?/どう思いましたか?」
 この場合、「こうしました/こう思いました」です。
 
 結論先行で、要点のみ簡潔に話すこと。
 それがポイントです。
 

この2点。
「当たり前」と感じたのではないかと思います。

しかし、面接で緊張してしまうと、これが出来なくなる。
それが面接で苦労する原因の1つなのです。

また、その他個別のノウハウはまた次の機会に。

セミナー予約



posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。