これも言っておかなきゃ!?

ホウレンソウ/面接/スピーチで、嫌がられるコツ。

 「結論が見えない」 ことです。

はい、至極あたりまえの結論です(笑


なぜかなと、思っていたんですが、
こういうことじゃないでしょうか。



ホウレンソウを受けている上司。

面接で質問をしている面接官。

スピーチを聞いている聴衆。



彼らの目的は「把握したい」です。

そうすると、自分が理解しやすいように教えて欲しい!!
というニーズです。

ロジカルシンキングでよく言われますが、
「理解しやすい」のは、ピラミッド構造です。


じゃぁ、どうやって理解をしていくか、
「要するになんなの?」 =まず結論をきたい。

それから順番に、
「その原因はなんなの?」だったり、
「それをする理由は?」だったり、
ゆっくりと(自分が興味のある)背景におりていく。





では。


ホウレンソウをする部下。

面接を受ける候補者。

スピーチをする人。


こちらの目的は、「伝えたい」です。


そうすると、すべてを、正確に、伝えたいという欲求にかられるわけです。

そもそも、なんでその状況になったか?
その背景。
自分がどう判断したか?
状況の詳細。
などなど。



この “ズレ” が、

聞いている側からすると、
イライラ・・・だったり、
質問に答えてない!!だったり、
で、結局なんなの?だったり
につながっていく。



「相手が目的をもって聞いている」というTPOにおいては、
結論から先に喋ること。

それがスムーズなコミュニケーションのコツですね。

ただし、常にこんなコミュニケーションをしていると疲れます(笑
それはケースバイケースで。

セミナー予約



posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。