Must と Will と Can

ここ半年、会社にマスコミの取材がよく入っています。
1つのマスコミから取材が入ると、他社からも
連鎖的に次々と(笑 あるマスコミのネタが、
他のマスコミの編集会議などでも使われているんですね。




さて、転職活動が“自分自身の営業”とは、
よく言われることです。

では、契約=内定はどこにあるのか?



先日、株式会社キープレーヤーズの高野氏が
仰っていた考え方は非常に分かりやすかったので、
それを引用して解説します。


----------------------

内定は Must と Will と Can が
重なるところにあります。


Must は会社のニーズ。

Will は自分の希望。

Can  は自分のスキル。



普通やってしまいがちなミスが、
Willだけに注目して活動をしていくこと。

当然ですが、それではうまくいきません。

もちろん、Willは必要ですが、
それと同時に、自分が何ができるのか?、
会社がこの職種に何を求めているのか?を
頭に入れておくことが必要。

----------------------

職務経歴書の添削などを行っていると、
Mustの視点がないことが良くあります。

営業を考えれば、まず初訪時は
“ヒアリング=先方の状況、ニーズの把握”から
入りますよね。

転職活動も同様。
MustとWillとCanを3割、4割、3割ぐらいの
感覚で、考えるのがいいのではないでしょうか。

セミナー予約







posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。