転職で年収アップは実現できるのか?

転職するときに、年収アップできるのか?
大きな問題です。

私は仕事内容/社風を重視した転職こそが、
成功につながると思いますし、また入社後、
社内での年収アップ(昇給)にもつながると
思います。

とはいえ、誰しも気になるポイントだと思います。


今朝の日経新聞に
--------------------------------
転職 最高の346万人

2006年に転職した人は前年比6万人増え346万人
(前年比1.8%増)と、調査を始めた02年以降
最も多かったことが総務省の調べて分かった。

女性の転職が前年に比べ、2.9%増え、転職者
数を押し上げた。単純比較は難しいが、以前の
統計と比べても06年の転職者数は最多になる。
景気回復で雇用環境が改善し、企業が積極的に
即戦力となる人材を増やしていることを反映
した。

(2007年3月15日日本経済新聞5面より引用)
--------------------------------
との記事がありました。

その最後に、気になる転職と年収の調査が。
それによると、


転職して年収が増えた人は33.8%。
逆に転職して年収が減った人は37.3%
(上記から計算して、年収維持は28.9%)


わずかですが、年収DOWNとなる方のほうが
多いという統計です。キャリアアドバイザーを
やっている私としてもほぼ実感値ですね。

やはり転職において同期となりやすいのは、
「こんな仕事をやりたい」ということでの業界チェンジ。

そうなると、企業にとっては、“(業界)未経験者
の採用”となりますので、なかなか同じ年収額は
出しにくい。というのが実情です。

また、業界ごとの年収レンジの問題もあります。
業界ごとに年収レンジは100万円程度違いますので、
高い業界から低い業界への転職はどうしても
年収DOWNになりがち。

また、無理やりな年収交渉をすると、入社後、
周囲/会社からの期待度/要求度は高まりますので、
なかなか仕事をしづらいもの。

こんな事情もあってのこの数字ですね。




最後に。

もし“年収アップを実現する”ことが転職の最優先
事項だとすると、

 1:なるべく近い業界若しくは年収レンジの高い業界の

 2:業界大手を

 3:いまと同職種で

応募すれば、年収アップできる可能性は高いと思います。

セミナー予約







posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。