自分の強みの活かし方

今日は自分の強みの活かし方ということで、
1つの考え方をご紹介したいと思います。


転職を考えるとき、必ずみなさん自己分析を
されると思います。もちろんツールを使う方、
使わない方、いらっしゃるとは思います。その中
で、“自分の強み”って何?ということを洗い
出して、それをどう活かそうか?考えるのでは
ないでしょうか。

単純にいえば、強みの活かし方は2パターン。


1つは、自分の強みを伸ばせる会社にいくこと。
これは単純ですね。イメージしやすいと思います。


そして、もう1つが、自分の強みを活かせる
会社にいくということ。

ちょっと分かりにくいかも知れませんが、
“自分の強み”と“会社の弱み”が一致する
ところに行くということです。



例えば、こんな事例があります。

新規開拓でこれまで実績を残してきたAさん。
ガンガンと営業をかけ、大手の窓口などを
オープンしてきた実力をお持ちの方でした。
今回、前職が業績不振ということで、
転職を考えてご相談にいらっしゃいました。

そこで私達がご紹介したのがこんな会社。

あるシステム会社K社。
基盤が非常にしっかりしており、既存顧客や
紹介でコンサバティブに成長をしている企業。
当然、営業部隊はルートがメイン。

企業からは、とくに新規が強い人などという
ニーズはなかったのですが、弊社のコンサル
タントが直感的に、「この人がK社に入ったら
業績を伸ばせるな」ということで、ご紹介を
しました。

“新規開拓が弱い”という企業の弱みと、
“新規開拓が強い”という個人の強みを
一致する転職でした。



もし、Aさんが新規開拓系の企業にいっていたら、
強みは発揮できるでしょうか、短期間でポジションや
評価を得ることは難しいかも知れません。なぜなら、
社内は新規開拓に強い人が多いからです。

しかし、K社なら、Aさんが新規開拓力を
発揮すれば、すぐに評価されやすいですし、
またそれに伴ってポジションなどを得られる
可能性も高いでしょう。



“自分の強みを活かす”と考えるときに、
“強みを伸ばす”のではなく、“それが弱い
会社にいく”というのも1つの活かし方だと
思います。

セミナー予約







posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。