スポーツ関係やIT関係のイベント企画会社

昨晩、あるクライアントさんのところに伺ってきました。
代々木にあるイベント企画会社。

以前からお付き合いさせていただいているのですが、
とても素敵な企業様です。

開催しているのJリーグ関係のイベントや、
大手IT系の展示会などを企画運営しています。


何が面白いか?


イベント会社ご出身の方から良く聞くのが、
「現場の下働きで終わってしまう。」
「大きな案件はなかなかできない。」
という不満です。

しかし、この会社の方針はイベント系としては珍しく、

「どんどん社員に力をつけて欲しい。
 そして独立した社員の会社と、
 コラボレーションして仕事をしたい!!」

こんな考え方をしています。

実際、既に音響やアートディレクションなど、
独立した社員とのコラボ事例はいくつもあります。


そのために社長様がしていることは2つ。

まずは、仕事への方針。

「やるからにはいい仕事をしよう。
 規模の拡大ではなくて、自分の実になる仕事をしよう。」

実際、人脈で仕事は増やせるんです。
でも、それでは、会社として面白くない。

社員の力が身につく仕事しかしないようにしよう。
つまらない仕事をするのはやめよう。


次が、現場への権限委譲。

「統括のプロデューサーにすべて任せる。
 仕事を請けるかどうかから業者の選定まで任せよう」

案件ごとに1人のプロデューサーがつきますが、
そのプロデューサーに権限をすべて引き渡されます。

普通は、業者の選定などは現場権限ではできないところ。

また、仕事についても「ここは利益が出るの?」という観点で
請け負うかどうかもプロデューサーに任されます。



ひとつだけの難点は給与水準。
イベント業界の平均並みというところです。
結婚していらっしゃる方にはしんどいかもしれません。・・・

が、若くてエネルギーのある方。
スポーツ関係の仕事をしたいという方。

そんな方なら打ち込める会社だと思います。

セミナー予約







posted by waka at | 面接の受け方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。